M1の寺澤さんの広域イーサネットにおける障害回復方式に関する論文が、ICCに採録されました。

M1の寺澤さんの広域イーサネットにおける障害回復方式に関する論文が、ICCに採録されました。
詳細は以下の通りです。

Title:Recover-Forwarding Method In Link Failure With Pre-established
Recovery Table For Wide Area Ethernet

Authors:Midori Terasawa, Masahiro Nishida, Sho Shimizu, Yutaka Arakawa,
Satoru Okamoto, Naoaki Yamanaka

Abstract:This paper proposes a fast fault recovery method for the wide
area Ethernet. To achieve fast recovery, a pre-established forwarding
table is introduced. The pre-established table is looked up when a fault
occurs, and frames are forwarded without frame loss. Ethernet lacks of
fault recovery features required in Wide Area Network (WAN) since it is
originated as Local Area Network (LAN) technology. Protection or
restoration is a typical method for fault recovery, but a lot of frame
losses are inevitable. Our proposal can decrease frame losses since
frames are forwarded without waiting for path switching to be completed
to use the pre-preparation table. In addition, the proposed method can
be operated with the legacy forwarding method seamlessly. The simulation
results show that frame loss decreases to 40 % or less with our proposed
method.

12月23日にM2が修士論文発表を行ないました

修士2年の学生が12月23日に修士論文発表を行ないました
題目は以下の通りです。

碓井亮太:
ユビキタスグリッドネットワーキング環境(uGrid)実現のためのサービスパーツ検索システムおよびサービスパーツ接続手法の研究

金子三紀雄:
GMPLSによる動的パス切り替えを利用した次世代P2Pネットワークの検討と実装

西田昌弘:
パス確立時におけるレイヤ2スイッチ構造の動的再構築

入江一樹:
CDNにおけるサーバ負荷軽減のためのコンテンツダウンロード手法の検討

菊田 洸:
GMPLS制御による広域レイヤ2ネットワーク上へのドメインタグスワップパス確立

木原拓:
リコンフィギャラブルプロセッサDAPDNA-2に適した高速プロテクションパス計算アルゴリズムの提案とその実装

発表の感想や様子は、写真やブログをご覧下さい。

慶應テクノモール2008に出展しました。

008-12-26 05:01:26″,”[lang_ja]2008年12月19日に東京国際フォーラムで慶應テクノモールが行われ、山中研究室では

・アクティブ光アクセスネットワーク -ActiON-
・次世代レイヤ2ネットワーク技術

の2ブースを出展しました。山中研だけでも100人を越える多くの参加者に来ていただきました。ブースでは積極的な質疑・応答が行われ、多くの貴重な意見をいただきました。

慶應テクノモール2008HP

高速スイッチを用いた光アクセス網の研究がKEIO TECHNO-MALL2008の報道発表において話題性のある研究として紹介されました

高速スイッチを用いた光アクセス網の研究がKEIO TECHNO-MALL2008の報道発表において話題性のある研究として紹介されました

詳細は、慶應大学のプレスリリースを参照ください。
<a href=” http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2008/kr7a43000000lcmc.html”>KEIO TECHNO-MALL 2008(第9回慶應科学技術展) 「夢、先導。」-12月19日開催-:[慶應義塾 -2008年、慶應義塾創立150年-]</a>

M2の菊田君のマルチドメイン間のVLANパスシグナリングに関するレター論文がIEICE 英文論文誌に採録されました

M2の菊田君のマルチドメイン間のVLANパスシグナリングに関するレター論文がIEICE 英文論文誌に採録されました。
論文概要は以下の通りです。

Title: Multi-Domain VLAN Path Signaling Method having Tag  Swapping Function for GMPLS controlled Wide Area  Layer-2 Network

M2菊田君の広域レイヤ2ネットワークにおけるVLANタグスワップパス確立に関する論文がNFOEC2009に採録されました.

M2菊田君の広域レイヤ2ネットワークにおけるVLANタグスワップパス確立に関する論文がNFOEC2009に採録されました.
論文については以下のとおりです。

Title: Establishment of VLAN Tag Swapped Path on GMPLS Controlling Wide Area Layer-2 Network
Author: Kou Kikuta, Masahiro Nishida, Daisuke Ishii, Satoru Okamoto, Naoaki Yamanaka
Abstract: GMPLS controlled multi-domain end-to-end layer-2 path establishment with VLAN tag swapping is demonstrated. Two kinds of signaling mechanisms to realize tag swapping are implemented on prototype layer-2 switch systems and both mechanisms are evaluated.

岡本先生のマルチASONとGMPLSネットワークドメイン間のイーサネットVLANパスプロビジョニングに関する論文がNFOEC2009に採録されました.

岡本先生のマルチASONとGMPLSネットワークドメイン間のイーサネットVLANパスプロビジョニングに関する論文がNFOEC2009に採録されました.
論文については以下のとおりです。

tically Switched Ethernet VLAN Path Provisioning
Author: Satoru Okamoto1, Kou Kikuta1, Daisuke Ishii1, Shuichi Okamoto2, Tomohiro Otani2, and Hideki Otsuki3
1: Keio University, 3-14-1 Hiyoshi Kouhoku-ku, Yokohama-shi, Kanagawa
223-8522, Japan
2: KDDI R&D Laboratories Inc., 2-1-15 Ohara Fujimino-shi, Saitama
356-8502, Japan
3: National Institute of Information and Communications Technology,
4-2-1 Nukui-kita, Koganei-shi, Tokyo 184-8795, Japan

Abstract: Seamless end-to-end Ethernet VLAN path provisioning over multiASON and GMPLS network domains is successfully achieved. Two interworking scenarios 1) ASON and GMPLS, 2) GMPLS and GMPLS are confirmed in both control and data planes.

Cell User’s Group に加入しました。

山中研究室は、Cell Broadband Engine (Cell)を利用した各種研究を推進することを目的として、Cell User’s Group に加入を申請し、メンバとして認められました。

Cell Users’ Group は、Cellを供給する(株)東芝セミコンダクター社ブロードバンドシステムLSI統括部が、Cell製品の研究開発や、製造に関わる企業・組織、及びソフトウェア会社や大学・研究機関等、幅広い分野の企業のために設立した、オープンな組織です。

山中研究室は慶應テクノモール2008に出展します。

山中研究室からは

・アクティブ光アクセスネットワーク -ActiON-
・次世代レイヤ2ネットワーク技術

と題しまして、2ブース出展します。

<デモの内容>
アクティブ光アクセスネットワーク -ActiON-
山中研では、従来のアクセスシステムであるPON(Passive Optical Network)とは異なり、光スイッチを用いることにより、利用者収容能力の増大、伝送距離の延長およびセキュリティの向上を図る次世代のアクセスネットワークシステムActiON(Active Optical Network)を検討しています。
慶應テクノモール2008では、通信開始前において必要不可欠なプロセスである「ディスカバリープロセス」に関するデモをします!

次世代レイヤ2ネットワーク技術
イーサネット技術を用いて企業の拠点間を接続する広域イーサネットが普及しているが、従来のLAN(Local Area Network)におけるイーサネットをWAN(Wide Area Network)に拡張するためには、信頼性、拡張性などの観点から、様々な課題を解決する必要がある。
そこで本デモでは、次世代レイヤ2ネットワーク技術として、レイヤ2スイッチによるフレームロスの少ない高速障害回復機能、PCE(Path Computation Element)による最適経路計算機能を実装する。

詳細は以下のとおりです。

開催日時: 2008年12月19日(金) 10:00~17:00
開催会場: 東京国際フォーラム ホールB7・B5(Bブロック7階・5階)
 入場料: 無料(事前に申し込みは必要ございません)

さらに詳しい情報は、慶應テクノモールHPでご覧ください。

ktm2008_bn.gif

石井君と岡本先生のiPOP2006におけるGMPLS相互接続実験に関する論文がIEEE Communications Magazineに採録されました

NTTの今宿さん(現NTTコミュニケーションズ)と共著の石井君と岡本先生論文がIEEE Communications Magazine に掲載されることが決定しました。

論文概要は以下の通りです。
Title: Multi-Area MPLS/GMPLS Interoperability Trial Over ROADM/OXC Network
Authors:
Wataru Imajuku, Eiji Oki, NTT Laboratories
Rajiv Papneja, Isocore
Shinichiro Morishita, TOYO Corporation
Kenichi Ogaki, Masanori Miyazawa, KDDI R&D Laboratories Inc.
Keiji Miyazaki, Fujitsu Laboratories Ltd.
Hiroaki Nakazato, Fujitsu Ltd.
Hidetsugu Sugiyama, John Allen, Juniper Networks
Shinichi Hasegawa, Nobuhiro Sakuraba, ITOCHU Techno-Solutions Corporation
Itaru Nishioka, NEC Corporation
Shoichiro Seno, Mitsubishi Electric Corporation
Yoshihiro Nakahira, Oki Electric Industry Co., Ltd.
Daisuke Ishii, Satoru Okamoto, Keio University
Tara Van Unen, Agilent Technologies, Inc.
Mark Blumhardt, Alcatel USA Inc.
Hari Rakotoranto, Cisco Systems, Inc.
Vijay Pandian, Sycamore Networks

Summary: This article describes the first multi-area Multi-Protocol Label Switching (MPLS) and Generalized MPLS interoperability trial over Reconfigurable Optical Add/Drop Multiplexer (ROADM) and Optical Cross-Connect (OXC) network. The interoperability trial demonstrated the routing of Label Switched Paths (LSPs) over a multi-area GMPLS controlled ROADM/OXC network and the control of Ethernet over MPLS (EoMPLS) transport service on top of the GMPLS network. The trial was conducted using various network elements provided by 14 institutions and was carried out at Tokyo and Virginia. This article introduces the motivation of the trial, technical issues related to controlling multi-area MPLS/GMPLS networks, test network topology, and experimental results. The results show that the interior gateway routing protocol based multi-area routing architecture is a promising solution for the nationwide deployment of GMPLS networks within a carrier domain. Furthermore, this article discusses the technical issues of routing constraints in ROADM/OXC networks and the limit of multi-area routing without Path Computation Element Protocol (PCEP).

よろしければ、山中研の研究業績もご覧ください。