2013年研究会

  1. 松原大典, 藪崎仁史, 岡本 聡, 山中直明, 高橋達郎, ``データ指向型ネットワークの検討,'' 電子情報通信学会ネットワークソフトウェア時限研究会(NWS), Vol. 18, No. 1, January 2013.
  2. 岡本 聡, ``多様なサービスやネットワーク構成を実現する伸縮自在光メトロ・アクセス融合型アグリゲーションネットワーク技術 ,'' 電子情報通信学会通信方式研究会, No. CS2012-96, pp. 1-6, January 2013.
  3. 山本草詩, 岡本聡, 山中直明, ``Real-Time Demand Scheduling Algorithm for Smart Grid,'' 第5回光ネットワーク研究会, Vol. 1, No. 1, pp. 22, March 2013.
  4. 山口哲平, 樋口雄紀, 島田悠司, 佐藤丈博, 竹下秀俊, 岡本聡, 山中直明, ``エラスティック光アグリゲーションネットワークにおける動的帯域割り当て計算の並列化に向けた一検討,'' 電子情報通信学会第9回PN研究会学生ワークショップ, No. 4, pp. 13-15, March 2013.
  5. 山口哲平, 樋口雄紀, 佐藤丈博, 竹下秀俊, 岡本聡, 山中直明, ``エラスティック光アグリゲーションネットワークにおける複数OLTが協調動作するTDM網の検討,'' 電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会 (PN), Vol. 112, No. 471, PN2012-92, pp. 79-84, March 2013.
  6. 松原大典, 藪崎仁史, 岡本 聡, 山中直明, 高橋達郎, ``データ指向型ネットワークの検討,'' 電子情報通信学会ネットワーク仮想化時限研究会(NV), No. NV2013-03-01, March 2013.
  7. 岡本聡, 佐藤丈博, 竹下秀俊, 山中直明, ``エラスティックλアグリゲーションネットワーク(EλAN)の提案,'' 電子情報通信学会総合大会, No. B-8-63, March 2013.
  8. 山中直明, 岡本聡, 渋田直彦, 張善明, 岡野拓朗, 栗本崇, ``転送エネルギー最適化コンテンツ配信システム−(E3-DCN)とそれを支える仮想化技術−,'' 電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究会 (CQ), Vol. 113, No. 6,CQ2013-4, pp. 13-18, April 2013.
  9. 張 善明, 竹下 秀俊, 栗本 崇, 岡本 聡, 山中 直明, ``多数のデータ源を配備する多対多マルチキャストツリー構築法,'' 電子情報通信学会ネットワークシステム研究会(NS), Vol. 113, No. 4, NS2013‐10, pp. 49‐54, April 2013.
  10. 岡本聡, 高山, 菊田洸, 佐藤丈博, 竹下秀俊, 山中直明, ``OpenFlowプロトコルを用いたMPLS-TP/光空間スイッチマルチレイヤネットワーク制御実験,'' 電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会 (PN), No. PN2013-23, pp. 85-90, August 2013.
  11. 松原大典, 岡本聡, 山中直明, 高橋達郎, ``広域網テストベッドを用いたデータ指向型ネットワークの評価,'' 電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会(IA), Vol. 113, No. 200, IA2013-20, pp. 19-24, September 2013.
  12. 岡本聡, 高山, 菊田洸, 佐藤丈博, 竹下秀俊, 山中直明, ``EλAN実現に向けたOpenFlowプロトコルを用いたマルチレイヤネットワーク制御実験,'' 電子情報通信学会ソサエティ大会, No. B-8-43, September 2013.
  13. 浅見康介, 岩崎陽介, 山本草詩, 岡本聡, 山中直明, ``電力の需要供給マッチングにおける分散制御による複数ノード間のリソース取得手法の検討,'' 第6回光ネットワーク研究会, pp. 17-18, December 2013.
  14. 岩崎陽介, 浅見康介, 山本草詩, 岡本聡, 山中直明, ``ホームゲートウェイクラウドを利用したM2Mネットワークにおける処理負荷分散手法,'' 第6回光ネットワーク研究会, pp. 9-10, December 2013.
  15. 山本 草詩, 浅見 康介, 岩崎 陽介, 遠藤 光泰, 岡本 聡, 山中 直明, ``PIAXを用いたMachine-to-Machine(M2M)プラットフォームの検討,'' 第6回光ネットワーク研究会, Vol. 1, No. 1, pp. 3-4, December 2013.