山中研が10月25日~28日に、ワシントンD.C.で開催される 国際会議MPLS2009にブースを出展します。

山中研は,2009年10月25日~28日に,米国ワシントンD.C.で開催される国際会議 MPLS2009 ( http://www.mpls2009.com/) に,MiDORi Netwrok Technology の研究開発を紹介するブースを出展します。

MiDORi
MiDORi Network Technology は、総務省PREDICTプログラムとして山中研が採択された研究課題「リソースを最小化する動的ネットワーク制御システムによる再構成ネットワークの研究開発」のプロジェクト名です。

清水くんの大容量コンテンツレプリカ配置問題に関する論文がIEICEの英文誌(2009年10月号)に掲載されまし た。

清水くんの大容量コンテンツレプリカ配置問題に関する論文がIEICEの英文誌(2009年10月号)に掲載されました。
http://search.ieice.org/cs/

論文については以下の通りです。
title:Resource Minimization Method Satisfying Delay Constraint for Replicating
Large Contents
authors:Sho SHIMIZU  Hiroyuki ISHIKAWA  Yutaka ARAKAWA  Naoaki YAMANAKA  Kosuke
SHIBA
abstract:How to minimize the number of mirroring resources under a QoS constraint
(resource minimization problem) is an important issue in content
delivery networks. This paper proposes a novel approach that takes
advantage of the parallelism of dynamically reconfigurable processors
(DRPs) to solve the resource minimization problem, which is NP-hard. Our
proposal obtains the optimal solution by running an exhaustive search
algorithm suitable for DRP. Greedy algorithms, which have been widely
studied for tackling the resource minimization problem, cannot always
obtain the optimal solution. The proposed method is implemented on an
actual DRP and in experiments reduces the execution time by a factor of
40 compared to the conventional exhaustive search algorithm on a Pentium
4 (2.8 GHz).