D1の竹下君が国際会議COIN2010において発表を行ないました。

D1の竹下君が,7月11-14日に韓国で行われた国際会議COIN2010で発表を行いました.

発表者,タイトルは以下のとおりです

Authors:Hidetoshi Takeshita, Daisuke Ishii, Naoaki Yamanaka
Title:High-energy Efficient Layer-3 Network Architecture based on Solitary Universal Cloud Router and Optical Aggregation Network
Abstract:This paper proposes high-energy efficient future-Internet architecture. All traffic is aggregated to a solitary universal cloud router through an optical aggregation network. Evaluation shows power consumption can be reduced to 1/1000 compare to present Internet.

電気新聞電子版(2010年6月21日)に「電力版の“Google”を」というインタビュー記事が掲載されました

「オバマ米大統領は、スマートグリッドを『次のARPAネットである』と位置づけています。ARPAネットとは米国防総省が導入したコンピューターネット ワークで、インターネットの原型になったと言われています。スマートグリッドには、インターネットのように大きな可能性があるということです。今後 5~10年は間違いなく、スマートグリッドが世界の産業界の主戦場になるでしょう。それは、単に送配電の技術や太陽光発電設備などハード面だけの話ではな くて、それを使ったビジネスやサービスも含まれます」

そこで、EVNOをベースとして新しい仮想電力会社がインタネットのISPのように電力を自由に供給すると、電力のサービスを考えて、たとえば電力をインバースオークションするようなビジネスを考える人がいる。さらに、電力の供給時間を制御したり(蓄電)、それをネットワークしたりGRID、それを強大なセンターとしたり(クラウド)、さらにトレードする市場が成熟したり、夢が広がります。ぜひ、考えていきたいものです。

http://www.shimbun.denki.or.jp/news/special/20100621_01.html

かわさきサイエンスチャレンジ(8月21日22日)に参加します

8月21日22日にかながわサイエンスパーク(溝の口)で行われる小学生向けの科学イベントに山中研究室が参加します。今回は、慶應義塾大学だけでなく、ディレクトフォースと日本女子大のメンバーに協賛いただき、恒例の光糸電話実験のほかに墨流しや冷却パックの実験なども行う予定です。
<a href=”http://ksp.jp/science/”><img id=”image3044″ alt=ksc_bannar.gif src=”http://www.yamanaka.ics.keio.ac.jp/wp-content/uploads/2010/07/ksc_bannar.thumbnail.gif” height=21></a>
このバナーをクリックするとイベントのウェブサイトにつながります