神奈川新聞(2010年8月22日)に「第7回かわさきサイエンスチャレンジ」に関する記事が掲載されました

神奈川新聞(2010年8月22日付)に、8月21日,22日に川崎市の溝の口で開催された科学イベント「第7回かわさきサイエンスチャレンジ」に関する記事が掲載されました。

<a href=”http://www.yamanaka.ics.keio.ac.jp/?p=3066″>7月の出前科学教室</a>に引き続き、一般社団法人ディレクトフォースと共同で光糸電話、墨流し、瞬間冷却パックの三種類の実験授業をワークショップ形式で行いました。

<ul>
<li>
<a id=”p3273″ href=”http://www.yamanaka.ics.keio.ac.jp/wp-content/uploads/2010/10/10082_kanagawa_sinnbunn.pdf” title=”kanagawa_sinnbunn”>神奈川新聞</a>【パスワードにより保護されています】</li>

東京新聞(2010年9月26日)に「科学とあそぶ幸せな一日」に関する記事が掲載されました

東京新聞(2010年9月26日付)に、9月25日(土)に新川崎K2キャンパスで開催された科学イベント「科学とあそぶ幸せな一日」に関する記事が掲載されました。山中先生が子供たちと光糸電話の実験をしている写真が大きく載っています。

このイベントは、子供たちに気軽に科学の面白さを味わってもらおうと昨年から始まったもので、慶應義塾大学による実験教室、市内企業のものづくり体験講座が行われ、雲を作る実験やロボットプログラミング、ねんどによるアニメ制作やガラス工芸など、子供も大人も一緒に科学実験やものづくり体験を一日楽しんでいました。

山中研究室もHPのニュースでお伝えした通り、このイベントに参加し、一般社団法人ディレクトフォースと光糸電話、瞬間冷却パック作り、墨流し実験、表札作りの科学実験ワークショップを行いました。

M1の米津さんが国際会議ECOC2010において発表を行ないました。

M1の米津さんが,9月21日にイタリアで行われた国際会議ECOC2010で発表を行いました.

発表者,タイトルは以下のとおりです

Authors: Haruka Yonezu, Ko Kikuta, Daisuke Ishii, Satoru Okamoto, Naoaki Yamanaka and Eiji Oki
Title: QoS Aware Energy Optimal Network Topology Design and Dynamic Link Power Management
Abstract:To construct energy optimal Internet, a new traffic engineering concept aggregating traffic into specific links and dynamically powering off interfaces of routers/switches should be introduced. This paper proposes a network topology design algorithm and examines link power management.